自己主張と多少の迎合

安寧を貪るジジイ的社会人2年目の、前を向くための日報

おもしろい本

苦手な『清洲会議』の攻略法

戦国時代本シリーズ 清須会議 作者: 三谷幸喜 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2013/07/31 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (12件) を見る 三谷幸喜が本を書き、脚本を書き、映画を作ったやつ、らしい。 さすが!!な点は、想像に容易い人物描写と…

飽きるまで、遊びをせんとや生まれけむ!

前回の記事では、ついになんの本を読んだのか書き損じた。 それに、締めもちょい微妙だった。 大事なワードを入れ直したので、よければご一読くださいませ。 遊びをせんとや生まれけむ! - 自己主張と多少の迎合 大人はもっと遊びなさい (PHPビジネス新書) …

『アフロ田中』

高校→中退→上京→さすらい→しあわせ、と シリーズが続く『アフロ田中』。 自分に素直すぎる田中に惹かれて止まらない。 頭悪いとしか思えない言動ばかりだけど、 それが正真正銘、男の欲望で。 通常は抑えつけてしまう心の声なのに、 純粋に従う姿に笑いと、…

『国取り物語』

基本的にテレビは観ない。 ライブで観るのは、朝にBS NHKのワールドニュースとたまにサッカーの試合のみ。 あとは録画。録画は大河ドラマと朝ドラとサッカー情報番組とWBSとさんまのお笑い向上委員会。 そのうちの去年の大河ドラマ、『真田丸』がおもしろす…