キャパンのネゴト

落ち込んでは騒いで旅しては引き蘢る。田舎で自由にと宣いながら日本橋で内勤2年目の雑記ブログ。

オススメ映画🎥

映画『怒り』では、感動も泣くこともできない

昔は石川遼と言われた。 彼がメディアに登場しなくなると、今度は森山未來と言われるようになった。あるいは柄本祐の時もある。 似ている芸能人だ。 単に、目が細いってことだろうけど。 先日の初対面ばかりの会では、満場一致で森山未來となった。 自分で自…

原点である大河ドラマ『新選組!』とその続編『土方歳三 最期の一日』

13年前の2004年、大河ドラマに『新選組!』があった。 小学5年生の時にこのドラマを観たのが、いろんな意味で私の原点と、断言できる。 とにかく刺激的だった。 近藤勇をはじめ多摩からの仲間には、幼い頃から変わらない信条があった。そして浪士組になって…

『しあわせな人生の選択』死の際のかっこいい4日間を観て、自由に生きると確認する映画

この世界で最も落ち着ける場所かもしれない。 takasaki-cc.jp 好きなジャンルはヒューマンドラマだけど、ひとが死ぬものはあまり観ない。特にそれがありきのような、御涙頂戴な展開は避けたい。死んで悲しいのはそのひとが大切であったからで、人生でままあ…

映画『茅ヶ崎物語』上映を祝福して🎉桑田圭祐『がらくた』を楽しむCD, MV, RADIO to 雑誌

『がらくた』は・・・から続けるこの記事は、前回の流れを汲んでいる。 geigo-capan.hatenablog.com 『がらくた』は、純朴で粗野な印象を与える曲が集まっている。 この曲はね!この歌詞はな!みたいな強い主張がなく気楽に聞けて、その中にハッとする歌詞と…

妄想する力を上げたい人へ『地獄で何が悪い』

映画を観て感想を言い合ったりするのはすばらしいけれど、 それは美術館の絵画を観て感想を言い合うのと等しく、 互いにその感想を理解するのは実はかなり難しい行為だ。 どうしてもありきたりな表現に終始する。 その映画への期待、監督や俳優への愛、背景…

『ファイトクラブ』をオススメする理由

『ファイトクラブ』を改めて観て、この映画を好きである理由を考えた。 たぶん 人間性−現実的な人間くささがみれるか メッセージ性−作り手の意思が感じられるか 展開性−物語として楽しめるか これを満たしている。 名言を並べて上の条件を示し、かつオススメ…

相変わらずのやるきなしだけどもうそれでいいと思えてきた

徐々に回復傾向にある、「生きる力」。 やっぱり昼間はめっちゃ眠くてやる気でないんだけれども。 もうやる気でないならでないでいいかな、と。 仕事中はやる気でなくても、 帰って泳ぐ気はあるしブログを書く気もあるし、 週末は思い切り遊ぶ気力もある。 …

『鳥』を観てカラスに挨拶を

カラスを見かけると挨拶をするようにしてる。 友だちには、カラスが好きなんだ!と言っているし、 そのたびに、何それキモいね!と言われる。 でも好きだからってのは半分ウソ。 カァていう鳴き方とかチョンチョンした歩き方とかかわいいし、 小学生の頃に教…