キャパンのネゴト

落ち込んでは騒いで旅しては引き蘢る。田舎で自由にと宣いながら日本橋で内勤2年目の雑記ブログ。

オススメ本📖

『忘れられた巨人』を読む / 没入...混濁...最期に放心

忘れられた巨人 (ハヤカワepi文庫) 作者: カズオイシグロ,Kazuo Ishiguro,土屋政雄 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2017/10/14 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (9件) を見る 好きに本を読んで好きに感想を述べる、読書会を行っていた。 そのラスト…

『99%の会社はいらない』を読む/ ホリエモンが超絶丁寧に背中を押してくれる

99%の会社はいらない (ベスト新書) 作者: 堀江貴文 出版社/メーカー: ベストセラーズ 発売日: 2016/07/09 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る 内容はあっちゃこっちゃしていて読みにくい。 ただ、メッセージはシンプルに筋が通っている。 「…

『マンガで読む「応仁の乱」』を読む/現代は「応仁の乱以前」なのか

わかるようでわからない。 有名だけどなんか実感がない。 何度も関係図を見るけど覚えられない。 そんな応仁の乱。 マンガで読めば、わかりやすいかもしれない。 と思ったが、今までが2の理解度なら5になったくらい。 やはり空を掴む様でパッとしなかった。 …

『人斬り以蔵』を読んで / たぶん、癒しを求めて風雲の時代を彷徨う

人斬り以蔵 (新潮文庫) 作者: 司馬遼太郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1969/12/17 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 80回 この商品を含むブログ (47件) を見る 司馬遼太郎の短編集。 有名無名の人物に関する物語が8つ収録されている。 5つが幕末で3…

『はじめてのお宿 オープンBOOK』と『リノベーションでつくるカッコよくて心地いい家』のメモ/リノベのアイディアいただき!

「リノベーション 本」とかなんとかでザッとググって、 数冊の候補を図書館で片っ端から検索して借りてみた。 さらに抜粋してメモ。 はじめてのお宿オープンBOOK (お店やろうよ!シリーズ) 作者: バウンド 出版社/メーカー: 技術評論社 発売日: 2008/07/07 メ…

『民泊ビジネス』のメモ/民泊を巡る現状はどうなっている?

空き家問題 (祥伝社新書) 作者: 牧野知弘 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2014/07/01 メディア: 新書 この商品を含むブログ (9件) を見る 卒論のきっかけとなった『空き家問題』を書いたひとの本で、 今回も次へのヒントが出てきたからメモとして残す。 本…

戦国時代から学ぶためのオススメ本メモ(後編)

さいきん読んだ、戦国時代の本メモの記事。後編。 geigo-capan.hatenablog.com 読んだ本の著者数が多ければ多いほど、主人公の数が多ければ多いほど、多角的にその歴史を知ることができると信じている。その意味で、大河ドラマ『おんな城主直虎』や2013年の…

映画『茅ヶ崎物語』上映を祝福して🎉桑田圭祐『がらくた』を楽しむCD, MV, RADIO to 雑誌

『がらくた』は・・・から続けるこの記事は、前回の流れを汲んでいる。 geigo-capan.hatenablog.com 『がらくた』は、純朴で粗野な印象を与える曲が集まっている。 この曲はね!この歌詞はな!みたいな強い主張がなく気楽に聞けて、その中にハッとする歌詞と…

戦国時代から学ぶためのオススメ本メモ(前編)

インプットな気分になってからというもの、読書が止まらない。この前まで積まれていた本が刷新されて再びタワーを作っている。 なかでも、完全にマイブームとなっている戦国時代の歴史小説は進みが早い。 ここで一呼吸置いて、メモがてら残しておく。 国盗り…

苦手な『清洲会議』の攻略法

戦国時代本シリーズ 清須会議 作者: 三谷幸喜 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2013/07/31 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (12件) を見る 三谷幸喜が本を書き、脚本を書き、映画を作ったやつ、らしい。 さすが!!な点は、想像に容易い人物描写と…

飽きるまで、遊びをせんとや生まれけむ!

前回の記事では、ついになんの本を読んだのか書き損じた。 それに、締めもちょい微妙だった。 大事なワードを入れ直したので、よければご一読くださいませ。 遊びをせんとや生まれけむ! - 自己主張と多少の迎合 大人はもっと遊びなさい (PHPビジネス新書) …

『アフロ田中』

高校→中退→上京→さすらい→しあわせ、と シリーズが続く『アフロ田中』。 自分に素直すぎる田中に惹かれて止まらない。 頭悪いとしか思えない言動ばかりだけど、 それが正真正銘、男の欲望で。 通常は抑えつけてしまう心の声なのに、 純粋に従う姿に笑いと、…

『国取り物語』

基本的にテレビは観ない。 ライブで観るのは、朝にBS NHKのワールドニュースとたまにサッカーの試合のみ。 あとは録画。録画は大河ドラマと朝ドラとサッカー情報番組とWBSとさんまのお笑い向上委員会。 そのうちの去年の大河ドラマ、『真田丸』がおもしろす…