自己主張と多少の迎合

安寧を貪るジジイ的社会人2年目の、前を向くための日報

『恋人たち』が好きな映画のスタンダード

いつからだろう。

「恋人たち」という言葉がモノ悲しく響くようになったのは、

 

ちょっと前までは違った気がする。

恋人、とはワクワクしたり羨ましかったりするものだった。

だった。

 

夫でも彼女でもなく恋人。

うん、悲しげ。

 

『恋人たち』は、そんな少しゾクッと寒くなるような言葉の印象、そのままの映画だ。

 

映画『恋人たち』公式サイト | 2015年11月14日(土)公開

 

別に恋の軌跡が描かれるわけではない。

 

ただ、3人の、恋(人)を題材にして、

見ててむず痒くなるほどのリアルさで、

下手くそな生き方が描かれているだけ。

 

素人から(?)選ばれたという主人公3名が演じる3者は

2時間ちょっとを全く忘れさせる現実感で、没頭させてくれる。

 

 

 

こういう、

弱く醜くすぐに負けるどうしようもない人間が、

他の人から見たら下らないなと思える日常の中で、

少しでも前を向こうとする、

暗暗暗でほんのちょっと明(もしくはやっぱり暗)

みたいな映画が好きだ。

 

FacebookとかInstagramの投稿とは違ってここには実感が伴うリアルさがある。

 

そして虚構でも現実味のあるクソみたいな人間が、少しでもよく生きようともがくのを観れば、

 

実際にどうしようもない自分が、

そう簡単に変わらないと知りながらもかんばろうとするのを、許せる。

 

いい映画!

 

★★★☆☆

登場人物に結構いいひとが多くて、

そこが救いでもあり、暗を和らげてしまってもいた。

最後にじぶんの会社が出たから、東京すげえ