キャパンのネゴト

落ち込んでは騒いで旅しては引き蘢る。田舎で自由にと宣いながら日本橋で内勤2年目の雑記ブログ。

『鳥』を観てカラスに挨拶を

カラスを見かけると挨拶をするようにしてる。

 

友だちには、カラスが好きなんだ!と言っているし、

そのたびに、何それキモいね!と言われる。

 

でも好きだからってのは半分ウソ。

 

 

カァていう鳴き方とかチョンチョンした歩き方とかかわいいし、

小学生の頃に教科書で読んだ、クルミを車に割らせる話しは賢くていい。

森に帰っていく姿なんかは郷愁漂っていて素敵だ。

 

 

 

でも恐怖もある。

河原で群れになってカァカァカァカァーーーと言い合ってるのを見ると、

ああ、これにいま襲われたら…とても敵わない…と恐ろしくなる。

 

 

 

そんな想像だに恐ろしいことが一つの港町で起こるのが、映画『鳥』(ヒッチコック)だ。

 

 

鳥 (字幕版)

鳥 (字幕版)

 

 

カモメ、カラス、その他よくわからない鳥がひたすらに人間を突き回す話し。

流血させ混乱させ殺す。

しかも襲った理由は不明。

なんと恐ろしい。

 

この映画は根源的な恐怖を思い起こさせる。

いつ何時、鳥が襲うかも、テロが起こるかもわからない。

 

いまの生活は常に危ういバランスの上に成り立っている。

そんな現実を突き付けられるようだった。

 

 

 

 

きょうも、仲良く共存できていることに感謝して

カラスに挨拶をしよう。