キャパンのネゴト

落ち込んでは騒いで旅しては引き蘢る。田舎で自由にと宣いながら日本橋で内勤2年目の雑記ブログ。

調子に乗らずに持続的な良い波を、人生コントロール。

ジブリの入場券を買うためには、

ローソンのロッピーで購入手続きをし、

発行されたレシートを持ってレジで発券してもらう。

 

購入後に急ぎの用事があったため、

発券を早くしてもらう必要があった。

 

ロッピーは店の入り口近くにあり、

レジはロッピーから歩いてすぐ、二台並んでいた。

 

手前側には、東京では定番となったアジア系のバイトさん、奥には日本人のおばさん。

 

ロッピーから一歩、ニ歩としながら状況を考慮し、

一台目のレジを通り過ぎて二台目に向かった。

 

 

結果は、

隣の李さんが、発券に手間取るおばさんにアレコレ手解きを出しながら、

発券をしてくれた。

すごく時間がかかった。

その間にも李さんは、

荷出しをしていたバイトの男の子に指示を出していた。

 

 

 

会社の採用に携わっている友人の話では、

派遣社員を応募しても集まりは芳しく、

またその能力的なものもそれほど高い水準ではないらしい。

それでも定められた期間で確保するためには、

少ない応募数の中から選ぶ必要があるという状況とのこと。

 

さいきんは、5人の面接をしていた内で

唯一、会社のHPをみてきて、まともに面接ができたのは香港人の女の子だけと。

 

 

 

移民オーケーにする未来があるとして、

あぐらをかいていたおれたちはどうなるのだろう。

 

前提の偏見は変えなければいけない。

調子に乗りすぎるのも気にした方がいい。

 

調子に乗ると偏りは激しくなって、

口から外に出て、

それで力を持った偏見は冗長して歯止めが効かなくなる。

 

 

調子の波と思い込みに振り回されず、

人生うまくコントロールよ。