自己主張と多少の迎合

安寧を貪るジジイ的社会人2年目の、前を向くための日報

北信州は高く青い空の下

北信州に行ったから魅力を発信します。

 

  • 高橋まゆみ人形館

高橋まゆみ人形館 

でかい人形を想像していたけど、実際は手のひらを思い切り伸ばした大のもので、

相応のジオラマの前に飾られていた。

飯山市のじいちゃんばあちゃんが題材になっていて、ほっこりする。

が、年配の方向け。

すげぇと感動しながらささっと歩くと15分くらいで終わる。

きっと、すげぇでなく、あぁそう、こんな感じね。という共感できたほうがよい。

だから年配の方向け。


f:id:kei-capan:20170616193525j:image

 

 

 

  • なべくら高原森の家


f:id:kei-capan:20170616193755j:image


f:id:kei-capan:20170616193815j:image

 

さいこう!

今回は森林セラピーという、森の中を歩いてリラックスする体験をしたが、

他にも山盛り、なんでも体験がある。

カヌーも収穫体験もやりたい。コテージにも泊まりたい。

「なべくら高原・森の家」長野県 コテージ 自然体験 トレッキング ブナの森

 

ちなみに、ここのブナの森は『大人の休日倶楽部』の撮影で吉永小百合さんが来たところらしい。

長野県「森林ヨガ」篇|大人の休日倶楽部:JR東日本

 


f:id:kei-capan:20170616194305j:image

ヨガよりも瞑想をしたい。

 

 

  • 小布施の町並み

学生時代に地域研究をしていた時から気になっていた小布施。ようやく行けた。

いい味出してる長野電鉄小布施駅のお出迎え。


f:id:kei-capan:20170616194640j:image


f:id:kei-capan:20170616194726j:image

 田園風景と地方電車と小さな駅の組み合わせはどこも美しい…

 

町並みは駅から徒歩10分程度で、道はキレイに舗装されているけれど特に何か特別なものがあるわけではない。

 

中心はコンパクトにまとめられていて、カフェが乱立…!

モンブランに、栗鹿の子、マロンアイスクリームにマロンプリン。栗好きにとっては天国のような場所だ。


f:id:kei-capan:20170616195056j:image

栗鹿の子が有名。

 

町並みは古い建物を今風に改築しているお店が何軒か、そんな感じ。

地元の人の取り組みこそ注目はされるけれど、

絶対に行くべき、と言い切れるほどではないかな。

葛飾北斎と栗のファン以外は。


f:id:kei-capan:20170616195337j:image

葛飾北斎美術館。

絵は興味ないけど美術館は好き。

 

 

土着の観光、体験施設は知らないものが多い。

調べたって出てこないし行ってみなければ全くわからない。

 

興味がわいたところには再訪問決定だ。

f:id:kei-capan:20170616195845j:image