キャパンのネゴト

落ち込んでは騒いで旅しては引き蘢る。田舎で自由にと宣いながら日本橋で内勤2年目の雑記ブログ。

せっかく東京にいるから、会議室を借りて教育と素直さについて考えてみたよ

今話題のコワーキングスペースに、初めて足を踏み入れた。

個室の会議室を借りて、教育をテーマに母校の今後について議論した。

 

basispoint.tokyo

清潔、静かで、モニター、ホワイトボード、電源、Wi-Fi完備!集中空間でした。職場の10倍マシ?!

3時間、7人で一人当たり1,000円ちょっとだからコスパもいい!

 

 

 

場の雰囲気かもともとの能力か、

メンバーからはじゃんじゃんいい意見、進む議論、悪くない結論。

母校の今後について、教育について、考えるいい機会になった。

 

 

 

楽しみを追求する時間だけでなく、みんなで真剣に、無い答えを探す時間もある種の遊びである。

 

「かしこい人はプロレスできる」とはわたしの友人の言葉。

いい塩梅に意見を闘わせて洗練させていく過程は、ただ観光するよりもある種楽しく、ただ呑み会するよりもある種酔いをもたらすものだ。

 

 遊びの楽しさもあるだろう、ふざける楽しさも、仕事の楽しさもある。

でも素直に言い合う楽しさも、悪くはないよ。

 

 

 

 

苦手なひとは、頭の弱いひとと素直じゃないひと。

 

みんな最後は死んでいく。死んで意識もなくなってほんとうに一人きりになってしまう。生き物は寂しさを常に孕んでいる。生きることは終わりの見える寂しさとの闘いだ。

 

だったら、生きている内くらいは本音でいたい。

本音で付き合って、生きていることを確かめ合いたい。

 

たとえそれが一時的に不利に働いても、偽らないこと。その快感。まあ自己満足だ。

そんな風に考える。

 

 

世の中に溢れる本音の寂しさを愛したい。なんてね。

 

chainomu.hateblo.jp

 

いいブログ。

 

f:id:kei-capan:20170626221305j:plain