キャパンのネゴト

落ち込んでは騒いで旅しては引き蘢る。田舎で自由にと宣いながら日本橋で内勤2年目の雑記ブログ。

せっかく東京にいるから、築地に朝ごはんを食べに行ってきた

朝、いつもより1時間半も早く起きて、築地にご飯を食べに行ってきた。

 

起きるときは、「本当はまだ寝れる」という事実が邪魔をして、睡魔とは別の怠惰の誘惑と闘う必要があるくせに、顔を洗うくらいになるともう、いつもの朝と変わらなくなっているから不思議だ。

それで玄関を出ると、心なしか涼しい風が吹いていて、なんかいいことした気分になって、なんかいいこと起こる気もするから、やっぱり不思議だ。

期待はしないけど。

 

geigo-capan.hatenablog.com

 

 

築地は場外市場でも、朝から休日昼間と変わらない賑わい。

寄っていきな見ていきな、食べていきなで誘われて、路地に入ったところの海鮮屋。

売りは「レイボウ、キイテルヨ。スズシイヨ」

 

一緒に行った築地通は、素直に屋台の美味しそうな牛丼とラーメンをハシゴしていたけど、

何も知らない私たちは「築地と言えば海鮮っしょ」とバカの一つ覚えよろしく足を踏み入れたのだった。

 

 

新鮮な魚が競り下ろせるからといって、

そこに構える店の魚が新鮮という話しにはならない。

 
f:id:kei-capan:20170715002148j:image

 

味はまあ、ふつう。

見た目は少し寂しい。

料金は築地価格の1,000円。

 

 

 

築地には海鮮以外にもたくさんあるよ。

次は海鮮は食べないよ。

 

一日中、眠かった。

 

f:id:kei-capan:20170704232255j:plain