キャパンのネゴト

落ち込んでは騒いで旅しては引き蘢る。田舎で自由にと宣いながら日本橋で内勤2年目の雑記ブログ。

あなたは人生何度目?あの人は?私は?

23年間、信条として「人生は一度きり」を持っていた。

絶対に後悔しないぞと、半ば強迫観念の様に生きてきた。気が向かなければ組織を抜け、借金しても留学に行き、内戦を見にウクライナに行った。

 

でも社会人になって大人と会って、輪廻転生を教わった。

前者がキリスト教的考え方なら、後者は多分に仏教的思考だ。(中高と、キリスト教志向の学校に通った)

 

私が不意打ちのように感じ入ったのは、人は死んだら生まれ変わるという話ではなく、今生きている人は既に生まれ変わっているという観点だ。

その人は言った。この人は何回目の人間、あの人は初めての人間、と。

それに、妙に納得してしまったのだ。

 

自明の理だとわかることでも伝わらない人がいる。どこがで見た場面のような気がする。おかしな夢をみる。妙にある人と気が合う。

そういう、なんでもないさと無視しがちな現象も説明がつく。

 

 

驕りも含めて、私は人間を数回はやっている。何回かまではわからないけど少なくとも3回は。

 

だいたいの行動に起因する結果を想像することができる。だから基本冷めてる。きっといつか、窒息死もした。いっそ死にたくなる夢をよくみる。人間4回目の人とはよく話が合うが、0回目と7回目は全く合わない。0,1回目はうざく感じるし、7回目は理解できない。

 

 

まあそれでも、私といういまを生きている人間にとっては、人生一度きりであることは間違いない。

それはそれで、後悔はなくしたいし、でもどうせ何回か人間やってるならそれなりにうまく生きたい。

 

 

 

難しいこと抜きで、考え方一つで、世界は一変する。

 


f:id:kei-capan:20170720232655j:image