キャパンのネゴト

落ち込んでは騒いで旅しては引き蘢る。田舎で自由にと宣いながら日本橋で内勤2年目の雑記ブログ。

ウィスキーと葛飾北斎が突きつける現実

ウィスキーが好きだ。

銘柄が不明な安居酒屋の場合はこれに限らないが、ビールのあとはだいたい、ウィスキーを呑む。まだ水割りに慣れないから、呑み方はオンザロックである。キレイな琥珀色にツンとした香り、確かな味に加えて、その後に飲むチェイサーの水がうまい。丸い大きな氷で出してくれるバーに行きたい。

自宅にも常備されていて、いまはデュワーズ12年と山崎のボトルが待っている。

 

f:id:kei-capan:20170921002751j:image

そんなわけで、せっかくだから知識を得ようと思い、図書館で本を借りた。ウィスキーについての基礎知識、例えば醸造の仕方、生産過程による種別、シングルモルトの意味、スコッチとバーボンの具体的な差異、スコティッシュアイリッシュの対立などが詳述されていた。

 

ふつうに読み物としておもしろかったのだが、その中でも最も印象に残っていることがある。それは、完成までの過程の長さだ。大麦などの穀物の栽培から醸造から樽詰からさらに10年とか寝かせて、ようやく出回る。

なにもウィスキーに限った話ではないが、長い。

 

例えばウィスキー好きが高じ過ぎて生産に関わるとして、私はこれほど期間を要することには付き合えない。

過去を振り返っても、小学生の頃から、物事を長く続けた試しがない。長くて4年とかで、だいたいは1年で辞めることが多い。

飽き症なのだ。それも致命的な。

すぐに先が見えた気になって、始めのモチベーションが続かなくなる。そうやって新しいものに取りかかってはやめる。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウイスキーの教科書改訂版 [ 橋口孝司 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/9/18時点)


 

 

 

 

さて、両国に新しくできたすみだ北斎美術館に行ってきた。

http://hokusai-museum.jp/ 

美術にはトンと興味ないが、鑑賞はキラいではない。自ら進んで行くことはないが、付き合っては行く。

読書もそうだが、コスパがいいと思う。絵画にしろ本にしろ音楽にしろ映画にしろ、作り手は、命(それがおおげさならば人生の一部)を掛けて行う。そこに表現される一人の人間の濃縮体を1,000円とか2,000円とかで感じれるなんて、観ない手はない。

 

この美術館の良いところは、北斎の作品、錦絵の行程をイチから教えてくれた点にある。

小布施の美術館で観たときも、版画をどうやってカラフルにするのか、作製の過程の中で葛飾北斎は具体的に何をしたのか(描いたか彫ったか摺ったかもしくは内2つか全部か)が全くわからなかったのだ。

 

どうやらこういうことらしい。

版元(資本家)➡️絵師(芸術家:北斎)➡️彫師(職人)➡️摺師(工場)

www.ukiyo-e.jp

 

つまり、現在でも名声高い北斎の作品の内、その役割は紙に絵を描くことだったのだ。これは衝撃だった。

 

北斎は紛れもなく素晴らしい絵を描いた。アイデアも実用性も構図の取り方も天才的であったのは、展示を見てよくわかった。

それでも、それを世に送り出したのは絵をこれでもかというくらい細かく、丁寧に、気が遠くなるような精密さで彫ったひとがいるからで、また、決して紙がずれないように、色の濃淡が出るように何度も何度も摺ったひとがいたからだ。そして、彼らをマネジメントするひともいて、結局はそれぞれが役割分担の中で一部の仕事を担っていたのだ。

 

私は、この、物事の一部であることに耐えられない。始めから終わりまで徹頭徹尾、自分の力でやり通したいと思っている。この思考はかなり幼稚で世間知らずだ。社会人になって、身の丈以上の仕事を経験し、分業とか協力とかの大切さは理解した。

でも、耐えられない。

仕事の一部となること、会社の一部となること、自分一人でなにも成し遂げられないことが苦痛なのだ。

会社人として生きていく上で、絶望的な弱みである。

 

 

会社の「部分」にもなれず、仕事にはすぐに飽きる。

ウィスキーと葛飾北斎に現実を突きつけられて、私の生きる道は果たしてどこに。